疑似餌で魚を釣ってみよう
擬似餌とは魚を釣る時に、本来魚が食べない物を餌として用いる釣り方です。

魚が自然の中で食べている昆虫や小魚などに似せて作られたものと、自然界には存在しない形状や光や音のアピールで魚の関心を引くものがあります。

疑似餌の種類はハードルアー、ソフトルアー(ワーム)、エギ、フライ、弓角、サビキ針などがあります。


1.ソフトベイト(ワーム)

軟質のルアープラグなどハードベイトに比べてソフトプラスチックなど軟らかい素材で作られている軟質のルアーをソフトベイトという。
最初に登場したのはミミズそっくりのプラスチックワームで、以来バリエーションの豊富さと扱いやすさヒット率の高さから多大な人気を集めている。さらに近年は人為的に味や匂いがつけられて、より有効なルアーとなっている。

ソフトベイトの種類
「マッチ・ザ・ベイト」という言葉がある。その釣り場でバスが食べなれているエサにルアーを合わせるのがマッチ・ザ・ベイトである。

●ストレート系ワーム 
テールがまっすぐ延びているタイプで、ソフトベイトの基本。一見ミミズそっくりで、ミミズをイミテートしたのはまちがいないが、水中で泳がせるとバスにはワカサギやオイカワ、アユがスイスイと泳いでいるように見えるらしい。
●カーリーテール系 
テールが湾曲しているタイプで、泳がすとテールがユラユラと動いてバスに魅力十分。
●バトルテール系 
ヨシノボリなどハゼ科の魚をイミテートしたソフトベイトで、水底をヒョコヒョコ動かすと効果十分。
●クロー系 
アメリカザリガニを連想させるルアー。ランカークラスの大型は水中をスイスイ泳ぐワカサギやアユを補食するのには体重が重すぎて苦労する。
そんな大型バスのねらいはザリガニやイモリ、魚ならハゼ科やドジョウなど行動範囲の小さい生物だ。クロー系ソフトベイトはそんな大型バスにピッタリのルアーである。
●チューブ系 
空胴のルアーで、水中では小魚に見える。アクションも大きいより小さく速く、遅く、変化をつける

リグ(仕かけ)
ワームは単独で使用することはありえない。フックをつけてシンカーをセットして初めてフィールドで通用する。この仕かけをリグという。
リグには障害物に強いものや、よりバスに魅力的に見える動きをするタイプなどいくつかの種類がある。

ワームのねらい方
ワームが活躍する場所は水面、中層、ボトムと全域にわたる。
水面をノーシンカーリグが滑り、中層をスプリットショトリグやジグヘッドリグがスイムし、底層はボトムバンピングだ。そしてテキサスリグはハードカバーの中に潜る。
バスはいたるところでヒットする。
よりベイトらしく見えるソフトルアーなのだから当然かもしれないが、もう一つ別の理由がある。

リ・アクション・バイトだ。反射食いといって、バスがルアーを確かめるひまもなく、思わずとびついてしまう動きなのである。
ルアーがそのベイトにそっくりの形はない。といっても似ているにこしたことはない。ただ問題になるのは動きで、バスがとびつきたくなるような動きが必要なのだ。

ソフトベイト
テキサス・リグ
ほぼ全てのストラクチャーに使える基本的なリグ。ハリ先がソフトベイトの中にあるのでスナッグレス性が高く、根がかりが少ない。

サウスキャロライナ・リグ
シンカーとワームが離れているためソフトベイトが自由に動けて自然である。

ノーシンカー・リグ
オモリを使わないリグで、主にトップウォーターで使う。
動きが自由で効果十分のリグだ。

ジグヘッド・リグ
オモリ付きのフックにソフトベイトを装着したリグ。オモリの形は多菜で、ノーシンカーリグで縦の攻めが得意のリグである。

スプリットショット・リグ
サウスキャロライナリグに似ている。カミツブシオモリをシンカーにして、遊動式と考えていい。


2.スプーン・スピナー・ジグ
スプーン
サジのようなカーブのついた金属の板にフック(ハリ) がついただけの単純な形をしていて、あらゆるルアーの基本であり、ルーツである。

スリムなウイローリーフタイプとクツベラのような少し太っちょのエッグシェルタイプの2つに大別され、ボディーの形状とリトリーブ(キャストしたルアーをリールを巻いて引いてくること)のスピードでアクションに違いがでる。

主に湖のブラウントラウトやニジマスなどトラウト(マス類)フィッシングに使われ、ただ引くだけでも効果があるが、ロッドアクションを与えることで効果は倍増する。


スピナー
スピナーブレイドと呼ぶ回転板がついていて、引くことによって水の抵抗を受けてブレイドがグルグルと回る。
この時に発するキラメキや振動で魚を誘うルアーである。
タイプは2種あり、ボディー自体が回転するものとブレイドが回転するものがある。

ブレイドにはスリムなタイプからウイローリーフ、インディアナ、コロラドと3種類あって、水の抵抗を大きく受ける太っちょほど動きが派手である。
特に渓流のトラウト類に有効で、ただ引くだけでも魚がヒットする。
これは水流でルアーが勝手にアクションするからだが、ストップ・アンド・ゴーなどでリトリーブに変化を与えれば効果はより大きくなる。


メタルジグ
ジグは大別すればメタルジグとラバージグの2種になるが、ここで扱うのは用途の多いメタルジグの方。金属で作られた扁平な形をしたものと、尻部にスピナーがついたスピナーテールの2種類があって、最大の特徴は重量があるため遠投がきいて沈みが速いこと。

そのためねらったポイントに、真上からダイレクトに攻めることができる。ソルトウォーター(海) で多用されるとともに、活性が低くて深場にじっとしている晩秋~初春のバスフィッシングに効果がある。


クランクベイト・バイブレーションプラグ
クランクベイト
ちょっとデブ腹のクランクベイトは引くと潜り、止めると浮き上がるルアーである。
大きなリップ(舌) が特徴で、ここに水圧を受けて潜る。

リップの大きさはさまざまで、大きいほど水圧を大きく受けて深く潜る。潜水能力は水深1mくらいのシャローランナー、3mくらいのミディアムクランク、水深4m以上のディープクランクの3つのタイプがあり、他に水中で浮かぶでもなく沈むでもなく、漂う感じを保つサスペンドタイプがある。

クランクベイトはジグやスピナーベイトのように真下に沈むことはできない。2mmの深さに沈めるためには4mmのランニング(滑走) が必要なのだ。要するに水深の2倍のランニングを見込まなければならない。
クランクベイトの主なアクションは尻を左右に振るウォブリング、ボディーをローリングさせるウィグリング、それにバイブレーションだ。


バイブレージロンプラグ
バイブレーションプラグはヒシ形をしてリップがなく、ラインアイが背の部分にある独特のプラグである。
リトリーブ(引く)すると背の部分が水圧を受けて細かいバイブレーションをおこし、震えながら泳ぐ。

ボディー内部には数個から数十個のラトルを内蔵するものが多く、バイブレーションによる振動とラトル音で遠くにいるバスも誘うのである。
バイブレーションプラグはリップがないので風の抵抗が少なく、ウェイトもあるのでロングキャスト(遠投) ができる。

さらに沈むスピードが速く、水中でのバランスもよい。
キャストして着水したらカウントダウンしてねらう層に沈め、ロッドを下向きにしてリーリングをする。
高速で引けば特にアクションをつける必要はない。

棒引きで発するバイブレーションとラトル音だけでバスを誘えるからだ。遠投ができて向かい風もOKなところから、バイブレーションプラグはオカッパリでも人気が高い。
当然バスのアピール(反応)も超高いルアーである。


3.トップウォーター(TW)プラグ
TW4つのタイプ
TW (トップウォーター)プラグはペンシルベイト、スウィッシャー、ポッパー、ノイジーの4種をまとめていう。いずれも水面上でバスを誘うルアー、バスがルアーを追い、水面を割ってヒットする瞬間を目の前で直接目にするのだから迫力十分である。
TWプラグは多少の重量があるのでキャストしやすく、ゲームが水面上なので根がかりによるロストルアーが少ないのもメリットである。

TWに適した条件
TWは水面上のゲームなので、ねらうのに少し条件がつく。
水温は少なくとも16度はほしい。
季節的には春なかばから秋なかばまでで、天候は好天より曇りか雨の日がいい。水温より暖かい雨がよく、降り出した時や上がった直後にヒットが多い。水面を波立たせるような風の強い日は不向きで、おだやかで静かな日がいい。時間帯は朝夕がベスト。
ポイントの条件は水深が3m以内の浅場で、障害物がアシと杭など2つ以上ダブっていれば最高。


TWに不向きな条件
TWは水面の釣りなので、ねらっても無理な条件がある。15度以下の水温では無理だし、水深3m以上あるところでは水面のルアーを見過ごしてしまう。マッディな水もルアーに目がとどきにくいし、周囲が騒々しいポイントもバスに警戒される。


TWテクニック
TWは表層の障害物周りに潜むバスの鼻先にルアーをプレゼンテーションしてバスを誘う釣りである。
ルアーをバスの射程範囲に落下させる確実なコントロールのキャストが必要で、着水音に疑心暗鬼で半分逃げ腰になっているバスを安心させ、ひきとめておくのには着水後にルアーを静止させておくポーズが有効である。

ポーズは5秒が目安で、その後にアクションに移る。
アクションはストップ&ゴーやウォーキング・ザ・ドッグで、時には棒引きのルアーにもバスが襲いかかってくる。


4.スピナーベイト・バズベイト
スピナーバイト
何でこれで魚が釣れるのかわからない形をしたルアーだが、超効果のあるルアーがスピナーベイトである。
金属のブレイドを回転させることによって起こるきらめきとバイブレーションでバスのアピールを得るルアーで、シャローからディープまで広いレンジで使用できる。

スピナーベイトはスナッグレス(障害物にかかりにくい)効果が高いルアーである。
だから他のルアーでは無理な障害物の奥に潜むバスも簡単に引き出してしまう。
フックポイント(ハリ先)はむき出しだが上を向いていて、ヘッドやスカートに守られているから障害物にもかかりにくい。他のルアーでは苦労するウィードもへっちゃらだ。

ブレイドはスリムな方からウイローリーフ型、インディアナ型、コロラド型とあって、幅広ほど派手に動いてバイブレーション効果が高く、浮上もしやすい。ブレイド1枚のシングルブレイド、2枚のタンデムがあって、効果は後者の方が高い。


障害物周りを攻める
スピナーベイトの最大の特徴は障害物周りに強いこと。特にねらいたいポイントを考えてみよう。
● アシ原
アシ周りはベイトフィッシュ(エサになる小魚)の天国で、それをねらってバスが寄る。アシの際、ポケットをねらえばヒット確実だ
●ウィード
水草が水中で密生しているところで、ベイトフィッシュの絶好の隠れ家である。水草の頭をなでるように、スレスレにスピナーベイトを通すといい。
●オダ
魚を集めるために木や小枝を束ねたもので、ベイトフィッシュが安心して休めるところ。
オダの周囲すれすれのボトムをノックして攻める


バズベイト
金属、またはプラスチックのウイング(ブレイド)を持ったルアーで、水面に出るブレイドの音や波紋でバスを誘う。
トップウォーター(水面のルアー)で、ちょっとスピナーベイトに似た形をしている。
障害物周りに強いのもスピナーベイトと同じで、より強力なカバー(障害物)もへっちゃらだ。
キャストしたらロッドを立ててスピーディーなリーリングをする。
これでバズベイトは水面に浮き上がり、ヒットポイントにせまる。
後は沈まない程度にゆっくりリーリングする。



5.ミノープラグ
ワカサギ、アユ、オイカワ、ヨシノボリなど普段バスが食べなれている小魚をイミテーションした、リアルでスリムなルアー。
アクションはポイントに着水したルアーを細かく左右に身をもだえさせるトップウォーターミノーイング、ロッドを連続的にあおるトウィッチング、ロッドを大きくあおって急激に引くジャーキング、それに棒引き(ズル引き) のストレートリトリープの4つで、ストップ&ゴーも有効。


ミノー3つのタイプ
ミノーには水面に浮くフローティング、沈むシンキング、水中で静止して漂うサスペンドの3つのタイプがある。
よく使われるのはフローティングとサスペンドで、別にボディーが2つあるいは3つに分かれ、ジョイントで連結されているジョイントミノーがある。
ジョイントミノーは動きがよくてアピール度の高いミノーだが、ラインにフックがからむなど欠点もある。


ミノーのアクション
ベイトフィッシュをイミテートしはただ引くだけでも効果十分のルアーである。そのミノーにアクションを加えればねらう肉食魚はもう大変。
当然小魚を真似た動きを演出する。


イカ、タコ釣りとは
イカの種類はとても多いが、釣りの対象になるのは、岸釣りではアオリイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ。船釣りではコウイカ、スルメイカなどだ。

岸釣りで狙う時間帯は、イカが岸に近づく夜で日没から午後10時までだが、イカ類は塩分濃度の高い水域を好むため、河口部など塩分の薄い場所にはほとんど寄って来aない。そのため釣り場は河口部から離れた防波堤がメインになる。

船釣りのベストシーズンは冬から春にかけてだが、種類によって浅場に集まる時期が違うので、ほぼ通年楽しむことができる。

しかし、種類によってタナが違うということは頭に入れておきたい。タコ類も種類が多いが、釣りの対象となるのはマダコとイイダコ。いずれも夜行性動物で、昼間は岩陰でじっと身を潜めている。関西方面でのマダコ釣りはかなり人気が高い。

この記事を見た人は、合わせてこんな記事も読んでいます!
=SY