1.イカ、タコ釣りとは
イカの種類はとても多いが、釣りの対象になるのは、岸釣りではアオリイカ、ケンサキイカ、ヤリイカ。船釣りではコウイカ、スルメイカなどだ。

岸釣りで狙う時間帯は、イカが岸に近づく夜で日没から午後10時までだが、イカ類は塩分濃度の高い水域を好むため、河口部など塩分の薄い場所にはほとんど寄って来aない。そのため釣り場は河口部から離れた防波堤がメインになる。

船釣りのベストシーズンは冬から春にかけてだが、種類によって浅場に集まる時期が違うので、ほぼ通年楽しむことができる。

しかし、種類によってタナが違うということは頭に入れておきたい。タコ類も種類が多いが、釣りの対象となるのはマダコとイイダコ。いずれも夜行性動物で、昼間は岩陰でじっと身を潜めている。関西方面でのマダコ釣りはかなり人気が高い。

この記事を見た人は、合わせてこんな記事も読んでいます!
ナチュラム